GTS Syngas – 従来のバイオガスに代わるより優れた品質


概要

自然と調和を行いながら、安価な燃料を利用できます。

GTSはビジネスパートナーとともに、固定床木質バイオガス化発電の分野において、長年の経験を積み重ねてきました。貴重な原料である木材は、熱電併給のコジェネレーションにより転換効率が最大限に高められています。

GTS Syngasの目標は、年間を通じた分散発電および熱供給を実現し、さらにより優れた技術を提供することです。特に重要視しているのは、残渣や廃棄物の削減です。燃料を完全にエネルギー転換することで、鉱物やカルシウムを高濃度に含む焼却灰だけでなく、排水や濃縮物といった残渣が残らないようにします。

GTS Syngas の特徴は、それぞれの顧客のニーズに合わせたソリューションを提供できることです。当社では年間約7000時間のフル稼動を実証済みであり、作動時の最大限の安全性と最良の技術的条件を保証します。

GTS Syngasの木質系バイオガス発電設備は、破砕された標準的な木材チップだけでなく、異物が混入しているものも燃料として利用できるよう設計されています。発電技術は特に廃材を利用する必要性に応えたものです。お客様は自然を守りながら、低価格の燃料を使用することができます。廃棄物を最小限に抑え、非常に効率的です。


持続性と安全性

GTS Syngasは、お客様の安全に対し細心の注意を払っています。

木材チップを最寄のバイオマスプラントへ直接販売することにより、地域の資源の有効活用を促します。プラントの建設によって雇用を創出するだけでなく、運営および管理作業を通じ地域の雇用を継続的に維持できます。市町村、小規模の企業や産業は、地域の自然と経済に持続的な影響を与えるCO2ニュートラルなエネルギーの供給を保証することができるのです。

一酸化炭素を含むガスの生成は、その利用技術に対する責任管理が伴います。ガス化技術の安全性を構築することは、機能性と安全性の確保に欠かせません。ガスの漏洩があったとしても、プラントが負圧のため、発電設備周辺へガスが流出することはありません。パイプラインのシステム内部における発熱性混合物の発生を防ぐため、プラントには過剰酸素の測定装置が取り付けられています。総合的なガスの分析は、ガスの生成状況を把握する上で、さらなる安全性を保証するものです。

GTS Syngasは専門家チームと長年の経験を生かし、お客様のあらゆるニーズに対して助言とお手伝いをさせていただきます。


提携機関

提携機関は以下の通りです:

Associazione italiana energie agroforestali
Associazione italiana energie agroforestali
Club della gassificazione
Club della gassificazione
Fördergesellschaft Erneuerbare Energien
Fördergesellschaft Erneuerbare Energien e.V. (FEE)


物流センター

物流センター

物流センター

物流センター

物流センター

物流センター

物流センター
  • BTS Biogas
  • TS energyGROUP