木質系バイオガスとは何か?

Wikipediaによる解説: http://en.wikipedia.org/wiki/Wood_gas


製品カタログのダウンロード

  • Holzverstromung deutsch
  • Holzverstromung italiano
  • Holzverstromun english
  • Holzverstromung français
  • Holzverstromung português

木質バイオマスガス化発電


木質系バイオガス発電のメリット

木質系バイオガス発電のメリット

木質系バイオガスは、CO2ニュートラルで再生可能なエネルギーを生産します。木材はそれぞれの地域で入手できる理想的なエネルギーキャリアーです。ガス化技術により、貴重なガスを生成することができます。

従来のバイオマス発電では、5MV以上(蒸気サイクル)の出力があれば採算可能であるとみなされます。しかしGTSのプラントなら、それ以下での発電が可能です。

木質系バイオガスはまた、より小規模で地域分散型のエネルギーを供給するプラントに適しています。市町村、小規模の企業や産業は、地域の自然と経済に持続的な影響を与えるCO2ニュートラルなエネルギーの供給を保証することができるのです。


技術的価値

技術的数値

木質系バイオガス発電プラントは、年間7,500から8,500時間稼動します。自家消費率は約6%であり、これは主にガスの抽出、木材チップの運搬システムおよび乾燥に使われます。

プラント内部における電気への総変換効率、つまり燃料の発電効率は25% から30%です (燃料による)。 熱効率(水温 70 / 90 °C)は50% から60%になります。プラントの総合効率は80%を超えます。例えば乾燥の際に低温の熱を利用した場合、総合効率はさらに上がります。

当社のオットーサイクルによるガスのモーターは、木質系バイオガスの発熱量に関しては、発電効率が36% から39% になります(燃焼室での圧縮によるので、モーターの種類により異なる)。コジェネレーションとしての総合効率は約80%です。



Strom und Wärme aus Holz

木質系バイオマスガスによる熱電供給

  • BTS Biogas
  • TS energyGROUP